TOP >CD

Sunny Side Garden / Su-Paka-Pooh

99年夏にリリースしたデビューシングル"くらげ(kurage)"は、国内は基より海外でも大ヒットを
記録し、リリースされたと同時にNYを代表するアンダーグラウンドダンスパーティー
"Body&SOUL"等でヘビープレイされ、2000年にはUKのダンスミュージックレーベル
からライセンスリリース(V.A / Hot Sauce2にも収録)されるなど話題になった。

続いてリリースした2ndシングル"SPIRAL"は、またも国内外問わず、ダンスフロアーで
Su-Paka-Poohの虜を増やし続け、同年6月にはマキシシングルCD"Jelly pattern"をリリース。

"SPIRAL"は今年イタリアのダンスミュージックレーベル からリリースされたコンピ
レーションV.A "Afrodesia 2"にも収録されている。

また、アルバムからの先行シングル"Aya"は国内外で発売されるやいなや多くのDJチャートや
レビューで絶賛されると共にPatrick ForgeのRadio Show"KISS FM"等でもプレイされる。

リリース前からJazzanova、Anthony Nicolson、
沖野修也、DJ NORI等国内外の多くのDJから絶賛されたファーストアルバム"Sunny Side Garden"。



いつまでたっても色褪せない名曲揃いの1枚です。



コメント

僕が彼らのサウンドに感じるのは、何より「クラブで遊んでる人達の心にしみる音」
だということだ。クラブフィーリング・オリエンティッドと勝手に呼ばせてもらうけ
ど、もちろん「クラブで遊んでいない奴にはわからん」ということでは全然なくて、
クラブに来ない音楽好きにも当然大プッシュ!

ただ、あえて僕がクラブフィーリング・オリエンティッドと言うには意味がある。

それは例えば、クラブに遊びに行きフロアーで踊ってて、DJが山のように用意した
レコードの中から選んだその1曲にグ?ッと心を掴まれる瞬間、その時おそらく同じ
フロアーで踊っている他のみんなとも、そしてそれをプレイしたDJとも一つになった
と感じる瞬間、それは愛とか希望とかかもしれないし、怒りや恐れかもしれない。

でもみんなと一緒に何かを感じるノ。彼らSu-Paka-Poohはそんな感覚を体験し、
そのフィーリングこそがクリエイティビティーの源だと感じるからだ。石塚チカシと
RoomやYellowで何度かフロアーを共に踊りまくった僕が言うんだから間違い無い。

最高のクラブ・ラバー、そして最高のミュージック・ラバー、音楽は聴く人の心に
しみてはじめて輝くんだよね。そういう意味でこのアルバムは最高に輝いてる。

長谷川賢司(gallery)



01. Intro - Megane

02. Water Tree

03. Theme De Yo-Yo

04. Nikaido

05. Muzika

06. Interlude

07. Our Consciousness

08. Game In The Space

09. Milk & Rose

10. Aya

11. In Her Arms

12. Interlude

13. Anemone

14. Outro - Tao
型番 FLRC-003
定価 2,580円(税込)
販売価格 2,580円(税込)
購入数


Top